ホーム > 信州おやき調査隊って? > どうやってつくるの?

どうやってつくるの?

いろんなつくり方がある、それが『おやき』の魅力

 おやきは信州のおふくろの味。各家庭や地域で古くから語り継がれた郷土食です。
 「おばあちゃんがこうやって作っていた」「うちは昔からこうやって作っているのよ」と言った具合に、製法や味付けは各家庭ごとに特徴があります。だから隣の家のおやきだって同じものとは限らないのです。おやき専門店でも、さまざまな調理法で特色を出しており、これがおやきの正しいつくり方、というものはありません。
 細かくわけると無限大にあるおやきの作り方ですが、ここでは代表的な製法を紹介します。

焼き 揚げ焼き
「灰焼きおやき」に代表されるいろりの灰の中に入れて焼くおやきがルーツ。現在では、いろりの火回りの「渡し」(鉄製の網)や「ほうろく」(鉄鍋)で焼いたりしています。
焼き蒸かし 揚げ蒸かし・揚げ焼き蒸かし
ほとんどは水分の多い生地を使うことから、ほうろくや鉄板ですばやく外面を焼いて形を整えてから蒸かす製法です。水分が多いので皮がモッチリします。
蒸かし 蒸かし焼き
一番多いおやきのタイプで、ふくらし粉を使っているもの、いないものがあり、それぞれに食感が違います。焼きのおやきは手間がかかることから、山あいから里、町へと伝播されていく中で発達していった製法です。
焼き 揚げ焼き
焼き 揚げ焼き つくり方の図
焼き蒸かし 揚げ蒸かし・揚げ焼き蒸かし
焼き蒸かし 揚げ蒸かし・揚げ焼き蒸かし つくり方の図
蒸かし 蒸かし焼き
蒸かし 蒸かし焼き つくり方の図
おやきは、たくさんの種類やつくり方があります。
生地のこと

小麦粉と水から作る生地は、とってもデリケート。温度や湿度で、仕上がりが変わってしまうこともしばしば。おやき屋さんでは、その日の天気を見て、水の量や粉の配合を変えています。生地ひとつとっても、長年やってきた勘や経験がモノをいうのです。

具のこと

伝統的なおやきの具は、ナスや野沢菜、山菜、きのこなど、季節の旬の野菜が使われ、四季の移り変わりを味わってきました。最近は、従来の枠にとらわれないバラエティーな具を提供するお店も多くなり、さらにいろいろな味を楽しむことができます。

アンケート結果を見る おやき口コミ投稿する